MOPAファイバーレーザー発振器

MOPA方式のレーザー発振器は、主発振部(小さな出力のレーザー発振部)とその主発振レーザー光を増幅する部分とに分かれています。主発振部の小さな出力部ではスイッチングによるパルス幅可変がしやすくなるため、パルス幅可変レーザー発振器が作成できます。対象物によるレーザー光の照射条件をより細やかに設定できるためレーザーマーカーなどで微妙な陰影調整を可能とし、金属により色調を変えることもできます。マーカー以外にもエネルギー調整の微妙な調整が可能なことから様々な応用が考えられます。

JPT社はMOPAファイバーレーザー発振器の出荷台数が世界一です。多くの種類をラインナップしておりますので、ご用途に合わせてご検討ください。

⭐︎

⭐︎

CWファイバーレーザー

JPTのCWファイバーレーザーは高出力まで提供可能です。金属板の切断作業において高速で高精度にそして切断面がきれいで滑らかに仕上がります。切断テストなどお気軽にお問い合わせください。

⭐︎

⭐︎

特殊CWファイバーレーザー

JPTの特殊CWファイバーレーザーはピークを持つCWファイバーレーザーです。ピークパワーを持つことできっかけができやすくなり一般的にレーザーが入りにくい材質や表面に対してもレーザー光が吸収され加工できます。アルミナ基板などのスクライブ で効果があります。

⭐︎

⭐︎

グリーン 個体レーザー

波長532nmの優れたビーム品質とスポット特性を備えたグリーンレーザー発振器です。

UV 個体レーザー

波長355nmの優れたビーム品質とスポット特性を備えたUV発振器です。